【ひろゆきキリヌキ】ボランティア団体について西村博之氏が語る

ボランティアで働いてる精神病んでる人が、被害妄想で語ってるケースもありますね

動画をAIで耳コピ

あの、そうですね動物系とかボランティアだった行って割とそのそれなりに自分が不幸せになってない人が、もっと不幸せな人たち動物たちを助けることで、あの幸せを感じたいっていうタイプで手伝ってる人もいるんですよね。ちなみにこれ書いてくれたりそんな事ですけど、僕心理学部大学心理学部出身ですけど、心理学を学びたいって言っててその後カウンセラーになろうとする人の中で、あのメールの人結構いるんすよね。要は自分が目減るその精神的な部分っていうのがあんまり安定してないので、それを学びたいっていうところで立っていて仕事としてはそれをやりたいみたいなので、人の相談に乗る方向に行きたいみたいな。事を言ってたりする人っていうのもいらっしゃるんすよ。なのでそのミイラ取りがミイラになるみたいなそれはメンタルが安定してない人がやりたがるっていうのもあったりするのでそのボランティアだったりとかもやっぱりその、自分の生活に満足してない人っていうのがもっと不幸せな人を助けることで、何か自分の存在価値を認めその認めてもらいたいとか、自分の存在価値を納得したいみたいな。メールじゃなくてねへらばやいっていうのもあったりするので、なので、なかなかボランティア団体もみんながみんなそういう、あの真っ当な被害ばかりでもないよねっていうのもあったりするかなと思います。

 

HOME > 関連記事  (32)件
Copyright © 2022 キリヌキックス All rights reserved -