物知りひろゆきの知恵袋

映像制作を何のブランドも持たないまま専業するのは難しい


最終更新日2022/12/29

会社に就職しながら映像を副業として、映像制作の仕事っていうのをやってみてください。
何のブランドもない状態で映像制作の仕事やりたいですっていうと、最底辺の給料で働かされるんですよ。
最底辺の給料で凄くどうでもいいことをやらされるですよね。
でなんか1時間働いても五百円しか貰えないみたいな仕事が来るんですけど、ただ生活をしなきゃいけないので、そういう仕事をやり続けなきゃいけなくなるんすよ。
でもそれってやり続けてもあなたのブランドにならないですよね。
じゃあ映像作家として名のある人で新海誠さんとかって何でブランドがあるのっていうと、彼はオリジナルの作品を作ったからなんですよ。
新海誠という名前で映像制作の人として名前を売ってブランドを作るのであれば、自分のオリジナル作品をどれだけ作るか、もしくは特定のユーチューバーとかと組んで、このユーチューバーの映像作品はこの人がやってるよねみたいな形で名前を売るみたいな。
作家としての名前をいかに売るかっていうのをやらないと映像制作で食っていけないでんすよ。
要は映像をいじれますっていうだけだと単なるバイト上がりで同じようなバイトが大勢来ちゃうので、なので普通に会社に就職してそのお金で選ばなくて自分の作品を作るとか。
じゃあミュージックビデオ友達が作りたいみたいなときとか、それはもうお金にならなくてもいいから俺やるよみたいな形で、そこのミュージシャンが有名になったらあのMVは俺が作ったんだよっていう形で名刺代わりに使えるみたいだったりするので、なのでお金にあんまり左右されなくて仕事が選べるっていう意味でも就職した方がいいんじゃないかなと思います。

 

 
HOME > 関連記事  (36)件
Copyright © 2023 物知りひろゆきの知恵袋 All rights reserved -