【ひろゆきキリヌキ】モチベーションを上げればスタッフは付いてくるか西村博之氏が答えます

水道工事やリフォームなどをしているものです 個人事業主で従業員は10人 自分も24で従業員も20歳前後で 下請けで職人よんでなんとか会社を回してます 従業員は構内などの常駐勤務のにんぷだしみたいな形です これからリフォームなどの仕事を覚えてもらおうと思ってます 仕事は自分で人脈で仕事とったり 広告会社に加盟して仕事もらってます 長くなりましたがモチベーションの保ち方 教えてもらいたいです 長々とすみません

動画をAIで耳コピ

従業員10人いるんだったらそれ個人事業主じゃなくて会社じゃねっていう気がするんですけど、なぜ個人事業主と呼んでるのかわかんないすけど、モチベーションの保ち方で何とかしようとするっていう昭和の考え方が僕間違ってるんすよね。その飲食店チェーン店とかでブラックな企業がやっぱり多かったんですよ。今はだいぶ変わったらしいんですけどなぜブラックな企業が飲食店チェーンに多かったかっていうと、昭和的なモチベーションさえ維持してれば、従業員が辞めないという時代が結構あったんですよ。要はその、毎日毎日みんなで頑張って家族のようにあのお店を維持して、何かお客さんに喜んでもらえるっていうのが幸せよね。だからサービス残業も当たり前だし、給料が少なかったとしても毎日充実してるんだからそれでいいよね。やりがいって大事だよねっていうのって、昭和の時代それで許されたんすよ。でも今っていや、別にやりがいとかいらないで給料くださいっていう人が割と若い人主流派なんすよ。要はその若い人が少ないので、飲食店みたいなのやめたとしても他の仕事に簡単に移って就職できるってのがあったりするよね。でもその昭和の時代だと就職氷河期みたいのを見てたりするので、その1回そのポジションを失ったら何かともう仕事にありつけなくてなんかフリーターみたいな中途半端な状況にしかなれないんじゃないかっていう恐怖感があって、そこのブラックな会社に続けるっていうのをやらなきゃいけないそのモチベーションっていう形でそれ読んでるのかもしんないすけど、モチベーションを保って何とかしようっていうやり方って結局もうその他の会社が別に給料高く出しますよって言うとじゃあそっち行こうってなるので、今の時代はいかに利益を出して給料をスタッフに配るかっていう方向で考えた方がよくて、その給料が低いけどモチベーションを上げればついてくるっていう考え方は長期的には厳しいんじゃないかなと思ってます。

 

HOME > 関連記事  (32)件
Copyright © 2022 キリヌキックス All rights reserved -