物知りひろゆきの知恵袋

2022年サッカーワールドカップを放送したABEMAの裏側を暴露


最終更新日2022/12/29

まあのなんだかんだ言って、やっぱりちゃんとワールドカップの状況も知っていて、であの人五大陸でチームに確か所属したサッカー選手とか
そんなに多くないですよね。
そのアフリカとヨーロッパとアメリカとアジアとオセアニアとっていう全部の大陸でチームに所属してやった人って確か数人とかしか居ないんですよ。
なのでメキシコの奴らってこういうプレーをするし、こういう考え方をするよねとか、アフリカの奴ってこうだよねとか、ヨーロッパの人はこうだよねっていうのを全部実体験からなんですよね。
でワールドカップも何度も出てるからあのチームこうだよねとか、で俺のチームメイトあのチームに居るんだけどさ、みたいなっていう話とか持ってる情報量が異常に多いんですよ。
で異常に多い状況でありながらカンボジアのワールドカップのカンボジアチームの国のね、カンボジアの国の監督をやっていて。
でウガンダかなんかのアフリカのサッカーチーム持ってて。
でえーとオランダで昔サッカーチームを買ってみたので、そのサッカーの監督の経験も多いんですよ。
なので選手としていろんな経験をして、こういう事があるんですよって話と、監督としてこういう風にやった方が戦略としては正しいよね。
でも選手ってこういう風に言っても動くときと動かない時があるよね。
みたいな引き出せるカードが良いですっていうのもあるので。
でもともと関西人なので話にちゃんと笑いを混ぜるんですよ。
なので小難しい話をとかするんじゃなくて、面白い話としてそういうエピソードを混ぜるっていう余裕のあるところも含めてやっぱり本田さん優秀だなってね。
本田さん格好良いって話で終わるんじゃないかなと思います。
いやだからその意味でね今回のワールドカップで名をあげた人で三苫さんとか森保さんとか当然なんですけど、ただやっぱすげえ勝ってるなんで、あのー何年も得するよねっていうのって、やっぱあのアベマの藤田さんと本田圭佑さんなんですよね。
まあABEMAのその二百億円でワールドカップの放映権買いましたってのは大成功じゃないですか表向きね。
なのでやはりそれでABEMAが一千万人以上の同時接続数行ったらしくて。
で今度のクロアチア戦だと千二百万人、二千五百万人とか行くらしくて。
ひょっとしたら人数制限するかもみたいなんですけど。
要は日本って一応四千万世帯やると言われていて、なので一千万の世帯が見たっていうのって視聴率でいくと二十パーとか三十パーとかっていうパーセンテージなんですよ。
要は二十パー三十パーのパーセンテージの取る番組って、もう紅白でもそんな取らないですよね。
でそのフジテレビっていうのって、フジテレビが番組をやったとしても実際日本全国に流してるのは各地方局だったりするので。
要はネットワーク化された地方局が流してて、本当にフジテレビが流してるのは関東地方だけなんです。
なのでフジテレビがやったとしても売り上げとしては関東地方のCMの売り上げしか上がらないですけど、ABEMAは日本全国に流せるので日本全国の人が見る三十パーセントが見るCMというのが流せるですよ。
なので割とワールドカップのABEMAのCMってナショナルクライアントがちょこちょこ付いてるんですよね。
でABEMAプライムとかABEMAの別の番組ってやっぱりそんなになんかCMでナショナルクライアント付かなくて、他の何か番組のCMばっかり流してるみたいな感じなんですよ。
とは言えあのーこれ今褒める話ね。
あのーこれから落とす話をしますけど。
まずワールドカップでナショナルクライアントが全部の枠を埋めてるかって言うとそうでもなくて、結果としてABEMAのどうでも良い番組のCMというか広告がめっちゃ流れるんですよ。
でひろゆきがどうたらみたいなのが流れるですよ。
要は日本の三十パーセントの世帯が見ているところで、なんかひろゆきがどうたらみたいなのが流れるのって結果として僕の本は売れるみたいになると思うんですよね。
僕は得すると思うんですけど
いやいやそれ流すのどうなのっていう風に思ってたりするんですね。
で本田圭佑さんはまあ解説上手いよね、さすがだよね。
であの人いつか監督やって欲しいよねみたいなのでポイントが上がりました。
でアベマ凄いよねっていう話でこれから落とすっていうの言ったんですけど、本当に凄いのABEMAじゃないんですよ。
アベマの藤田さんのギャンブルは凄いんですけど。
ただ日本の三十パーセントの世帯が見るようなシステムというのをABEMAがやったからABEMAは技術力があるよねという風に解釈している人が割りと多いと思うんですけど。
あのデータの転送のほとんどはAkamaiっていうコンテンツデリバリネットワークの会社がやってるんですよね。
例えばじゃあYahooっていうサイトを見ますと言う時に、僕が自分のパソコンでYahooのサーバーにトップページのデータをくださいって送ってトップページのデータを返すっていうのがインターネットの基本的な構造なんですけど。
多くの人が見る物の場合って、コンテンツデリバリネットワークっていうのを使うですよ。
例えばじゃあ僕が@niftyを使ってました。
で@niftyでABEMAを見たいっていう時ってワールドカップ以外の時にその@niftyの回線で光ファイバーで繋がってNTTの電話局のとこ行って、でそっから大手町の@niftyのプロバイダーに行ってで、そっからABEMAのサーバーとかあるじゃないですけど行って、ABEMAのサーバーに@niftyのひろゆきってやつがデータほしがってるよって言ってデータが来るっていう構造になるんですよ。
なので全てのユーザーが欲しいと思ってるデータっていうのがABEMAのサーバーのところに行ってABEMAのサーバーが全てのユーザーに対してデータを返すっていうのが基本的なインターネットの構造なんですけど。
今回のような大量の映像でデータを扱う場合って、ABEMAのサーバーに一般ユーザはアクセスしに行かないんですよ。
なので僕がワールドカップを見たいですっていうのを@niftyの大手町のデータセンターに行った時に、@niftyの大手町のデータセンターの中にAkamaiのサーバーがあってABEMAのサーバーの振りをするんですよ。
要は本来はABEMAのサーバーは此処にあるんですけど、@niftyのデータセンターの中にAkamaiのサーバーがあって、此処でABEMAのデータが入ってんですよ。
なので僕はその@niftyの光ファイバーで@niftyのデータセンターに繋いで、そっからデータを直接貰うので、実はインターネットを経由しないでデータが貰えるんですよ。
要はインターネットっていう何処を線が通るか分からないところを通ると、線が細いしデータがいっぱい送れないだって、ラグがあったりするんすけど。
実は@niftyの繋ぐデータは@niftyの元々だから大手町のデータセンターと僕の家の間っていうインターネットを使わないでデータを広帯域で大量のデータを送るっていうことができるっていう。
でそのAkamaiっていう会社がその@niftyだったりビッグローブだったりとか、NTTだったりっていう日本中のプロバイダーにそういうサーバーを置いて、直接ABEMAに行かなくても各プロバイダーのところでデータを代わりに返すよっていうのをやってるサービスなんですよ、これコンテンツデリバリネットワークっていうんですけど。
なので今回のワールドカップのデータっていうのはABEMAが凄いんじゃなくてAkamaiのデータシステムすごいよね。
データ送るコンテンツデリバリシステムって凄いよねって話なんですよっていうのがあるので、なのであの逆の言い方をすると四年後にワールドカップっていうのを楽天が買いました。
放映権をね。
で楽天が放映権を買って同じことをやろうとすると、コンテンツデリバリネットワークに金払えば同じようなことが出来ちゃうんですよ。
そのABEMAが長年築き上げたシステムとかによって出来ているって話じゃなくて、あのAkamaiに金払えば出来るよねっていうか、むしろAkamaiに金払わないと出来ないよねって話ですけどっていうところがあるので。
そのAkamaiだったり、クラウドフレアだったり、まあコンテンツデリバリネットワークの会社って何件かあるんですけど。
っていうところで放映権さえ買ってコンテンツデリバリーネットワークに繋げば、金のある会社だったら何処でも同じことが出来るよねっていうことが出来ちゃうんですよ。
でテレビ局がなんで凄いのかっていうと、色んな番組に色んなユーザーが付いてるんですよ。
なのでじゃ”ガキの使いやあらへんで”が大好きですって言って日本テレビ見る人もいれば、日本テレビのズームイン朝が好きだって言って日本テレビを見てる人もいるみたいな感じで、色んな番組をやることで色んな人が見るっていう形でテレビって多くの人に見られてるんですけど。
今回ABEMAを見た人の九十パーセント以上は
ワールドカップのためだけにABEMAを見てる人なんですよ。
なのでワールドカップが終わった後に多少ABEMAの番組を見るかも知れないですけど。
じゃあ四年後にワールドカップが楽天の楽天TVみたいなところが放映権を取りましたってなると、その九割ABEMAが今回取った一千万人ぐらいのユーザーを楽天がそのまま持っていけることになっちゃうんですよ。
なのでワールドカップだったりオリンピックだったりっていう、めちゃめちゃ強いコンテンツにお金を払ったところが、ユーザ層を持っていけるというマネーゲームが始まったんですよ。
でそこはもうエンジニアリングとかコンテンツの面白さではなく、単純にマネーゲームで強い奴が勝つよねという時代が始まって、で今回テレビの視聴率そんな高くないじゃないですか。
ワールドカップは買わなかったっていうのもあるので、でも結果としてABEMAが買ったからみんな見てるんですけどっていうのがあるので。
多くの視聴率を得るというのは最終的に金持ってるところが取るっていうそういう時代が始まったということなんじゃないかなと思います。

 

 
HOME > 関連記事  (36)件
Copyright © 2023 物知りひろゆきの知恵袋 All rights reserved -