物知りひろゆきの知恵袋

大学受験に地頭は関係無い


最終更新日2022/12/29

所詮大学受験レベルはテクニックで何とかなるので、高校二年の一学期の時に古典の先生が”じゃあこのテストといてください”って言ってセンター試験かなんかで出されたやつがあって、それ僕、クラスの中で確か一番点数とってたんですよ。
で僕、古典大嫌いで全く興味もないですけど、選択肢を見るだけでだいたい答えが分かるっていうテクニックがあるんですよ。
でそれをやるだけでクラスの中で一番点数が良い状態になるですよ。
なので時頭が必要っていうのって研究をするとかで必要なですけど、テストの点数を取るっていうのって別にちゃんと覚える必要ないですよ。
点数を取るために必要なセンスっていうのと最低限必要な学習っていうのだけやっとけば良いんですよね。
例えばあの英語のテストとかで、あの発音記号が書いてあるやつって今でもセンター試験出てると思うけど、あれ全部捨てて良いです。
あの発音記号のやつ、アメリカ人でも間違えるんですよ。
であれを幾らすげえ、その要は英語の単語の発音を完璧に覚えたとしても取れる配点がそんなに無いですよ、確かね10点もなくて5点とかなんですよ。
でその5点のために何十時間も使うとあんまり意味ないので、あんまり発音は意味ないの。
いやそんな感じで割と捨てても良いよねっていう問題をとっとと捨てる、で定数取りやすいところだけ取るっていうそういうテクニックで実は
点数で取れたりするので、なので時頭が低いのであればテクニックで点数を稼ぐっていうのを最初からやったら良いんじゃないかなと思う。
ちなみに僕、高校卒業する時は学年の中の下から18人の中の一人でした。
あのー成績のね、勉強のコツって誰に教わったら良いの?
えーと教育系とか、勉強系のサイトとかやると大体問題文と答えを見るだけでどれが答えだろうなっていう類推をする方法まで書いてありますよ。
あと「例の方法」って検索すると書籍が出てくると思います。

 

 
HOME > 関連記事  (36)件
Copyright © 2023 物知りひろゆきの知恵袋 All rights reserved -