【ひろゆきキリヌキ】デジタル庁に応募も不採用、西村博之氏が想いを語る

ひろゆきさんが日本で暮らすことは、もうないですか。何か日本に期待していることはありますか。

動画をAIで耳コピ

もう別に崩す可能性もありますけど、今はなんとなく欧州にいた方が面白いよねっていうので、日本に行った方が面白いよねってなったら行くんじゃないすかね。全然関係ないすけど、僕あのデジタル庁2回応募して落ちたって話は、結構あのニュースとかなって有名になったと思うんすけど、先々月、もうちょっと前かな、東京都の何かデジタル担当のあの何か仕事みたいなやつで応募したんすよ。応募要項でリモート OK って書いてあったんですよ。なので応募したんですよ。面接があって面接があったら、何かその上設備東京都では仮に災害が起こったときに、ちゃんと現場に来てもらわなきゃいけないんですよって言われて、仮に災害が起きたら、あのデジタル担当もあんまり関係ないよねと思ったんですけど、とはいえ別に飛行機飛んでるんで次の日まで行けますよみたいな話はしたんですけど落ちたんですよ。結局リモート OK っていうのをいくら言ってたとしても、なんだかんだ言ってやっぱりそういうの顔を合わせないと駄目だよねみたいなとか、その災害が起きたときに必要な人と、あのデジタルを推進する人って、能力値が全然違うんですよ。何か僕がその災害が起きたときに何かビルのがれきとか運べますっていうパートじゃないじゃないすか。でも多分その何かいろんなことをやらせたいんだと思うんすけど、なんかそういう感じでその何かデジタルを推進するのだったら別に災害時に能力を発揮しなくてもいいよね、デジタルって平常だときにシステムを作れるための仕事をそれだけやってくれればいいですでも災害のときはデジタルなんて後回しだよねってどうやって食物を持って配るかとか、どうやって電気を復興するかとか、ガスを止めるかどうかが大事で、デジタルなんか関係ないよねっていう話だと思うんですけど。なぜか災害担当もしなきゃいけないみたいなことになってて日本らしいなあと思いました。

 

HOME > 関連記事  (32)件
Copyright © 2022 キリヌキックス All rights reserved -