【ひろゆきキリヌキ】上場企業でなければ循環取引で簡単に売り上げが増やせる、M&Aに効果的

ひろゆきさんは企業の決算書を見るとき、どこを重視しますか?理由も含めて教えてほしいです。

動画をAIで耳コピ

利益の額ですね、利益の出てない会社はなんだかんだ言って胡散臭いので、要は売り上げ高くするって、ぶっちゃけあのやろうと思ったら簡単できるんすよね。上場会社とかであれば結構監査法人が入るんすけど上場会社がなかった場合って循環取引とかすると、簡単に売り上げですよ、例えばじゃぞと A と B という会社がありますとは B に100万円の仕事を発注しました B は200万円の仕事を発注しましたっていうのを月に、5本しますっていうと、売上500万、売上500万これぐるぐる回ってるだけで実際お金全く変わらないんすよ。でも月500万で二つの会社っていうのは6000万円の売り上げの会社が2個できるんすよ。なので、グループ会社で1億2000万円の売り上げがありますっていうと、なんかすごいじゃんって見えるんすけど、そんな感じでいくらでも数字っていじれるんすよ。これ10倍にしたらグループ会社で10億円ね税金はってなるんすけど、しあの支払い100万円でこっちでも支払い100万円してるので、売り上げ100万だけど払ってる経緯も100万なので、利益がないので税金は消費税分ぐらいしか変わらないんすよ。なんで一応消費税分は減ってくんすけど、そんな感じでその売上の額って作ろうと思ったら簡単に作れちゃうんすよ。なので利益が上がってない会社で売上高いっていうのは、いざとなったら結構できちゃうんすよね。ただ上場会社であるとする違法なんであの上場会社はなかなかやりづらいんすけど、とはいえ何かいろんなファンドを積み重ねたりとか、あの何か気をずらしたりとか何かいろんなやり方があって割とそこでもその循環取引のようなものってのは上場会社でも不可能ではなかったりするので、なので純利益の額がいくらかっていうのが重要なんすよね。利益も多少そのつ付け替えっていうのがあって、例えば1億円のお金がありますんで、決算期が1月と7月ですと、まず1億円のお金があります1億円発注します1億円乗りましたここでその1億円を使って7月に決算しますってなると経費ほとんど買ってないから1億円の利益になりました。で5000万円税金でボンと払うんだけどそこの5000万円で今度こっち発注しますなると、こっちの会社に5000万円になるので、二つの会社合わせると、利益1億5000万円になるんすよ、元々よく円しかお金ないのにね。なので、あの園木ずれを使ってお金をぐるぐる回すと、利益の額も一応作れるんですよただ利益を出しちゃうと、半分は税金で払わなきゃいけないので、なのでその実際に手元に残るお金っていうのは少なくなるので、あんまりその利益の付け替えっていうのはやらないんですけど、ただ利益を出すっていうのを表向き見せることで、あの会社を高く売りたいっていうは M&A してもらいたいですんで、売り上げはあるんだけど利益はほぼないよねっていう会社の場合って、1期でも売上総利益1億円で出すと売り上げがだんだん伸びてきて利益が1億円ということは、これじゃあ利益2億円3億円であるかもなので、この会社10億円で買えますみたいな話が出たときには、じゃあ、今ここに利益の付け替えがあって1億円の利益で税金で5000万円ぐらい払うから多少減るんだけど、10億円で売れるんだからいいじゃんみたいなので、やる可能性もあったりするので基本的にやっぱ数字って信用できないので、あのこの数字だけが正しいっていう考え方じゃなくて全体を見る癖をつけないと、騙されやすいんじゃないかなと思います。

 

HOME > 関連記事  (42)件
Copyright © 2022 キリヌキックス All rights reserved -